赤ちゃん 子供 日焼け止め おすすめ.jpg


子供に日焼け止めを使ったほうがいいという記事を少し前に書きましたが、乾燥肌や敏感肌の子供だと日焼け止めを使うか迷いますよね。うちの子供も赤ちゃんの頃から乾燥肌です、主人もわたしも乾燥肌ですが敏感肌が混ざった乾燥肌です。

敏感肌の乾燥肌という肌質は親子で同じなので、うちでは大人も子供も同じ日焼け止めを使っています。わたしも子供が赤ちゃんだった頃は日焼け止めを塗りたくないなぁと迷いました。ですが、日焼け止めの必要性を知ってからは使うようになりました。

子供の日焼け止め塗らないとどうなるの?、改めてまとめてみます。

●皮膚老化を早める
●皮膚ガンを起こしやすくなる
●目の病気(白内障など)を起こしやすくなる


乾燥肌のうちの子供は、赤ちゃんの頃から小児科で出された保湿剤を塗っています。保湿剤をぬってから日焼け止めを使っています。

日本小児皮膚科学会のサイトでも「塗ぐすり→サンスクリーン→虫よけ」の順で使いましょうと書いてあります。赤ちゃんや子供に、日焼け止めを塗りたくないなぁとおもうママは一度サイトを読んでみてください。子供の日焼け止めの必要性が書いてあります。

サイトでは「サンスクリーンは、小さい赤ちゃんから使うことができます」と書かれてあります。赤ちゃんに日焼け止めって塗りたくないなぁと考えがちですが、実際はそんなことはありませんでした。

また、子供が乾燥肌のばあいも日焼け止めを使いたくないというママも多いですよね。ですが、紫外線は肌を奥から傷つけます。敏感肌用のUVケアを上手に使って紫外線対策をすることが大切なんですよ。皮膚科の先生も乾燥肌の子供には敏感肌用の日焼け止めをおすすめしています。


こちらのサイトの皮膚科は小児皮膚科あります。先生とそのお子さんも乾燥肌なのでスキンケアの説明もていねいで分かりやすいです。また、「毎日のUVケアが必要です」と日焼け止めを塗った方がいいこともサイトに書いてあります。

大城皮フ科クリニック・小児皮膚科のベージをリンクしておきますね。



うちの子供のばあいは赤ちゃんの頃にほぼ乾燥肌は完治したのですが、元々が乾燥肌タイプなので保湿剤は必ず全身に塗るように医師から指導されています。ですが、保湿剤は薬局で売られているもので構わないということでした。そのような場合は価格もお手頃なものが揃っているネットショップで買うと安価でお得です。

うちの子供が塗っている日焼け止めはこちらです、保湿剤も同じブランドのものを使っています。皮膚科クリニック運営していショップで、皮膚科の院長自ら選んだものを扱っています。




赤ちゃんや子供用の日焼け止めも、敏感肌用のもの、オーガニックのもの、SPFの数値、お湯で落とせるもの、石鹸で落とすものなど、さまざまな種類のものが出ています。乾燥肌の子供には、肌質にあった保湿剤を塗ったあとで日焼け止めを塗るといいですよ。

赤ちゃんや幼児のころから日焼け止めを塗りたくないなぁとおもいがちですが、塗ることで回避できるリスクも大きいです。塗りたくないなぁとおもったら、まずは皮膚科医のサイトで日焼け止めの必要性を知ることから始めてみてください。それから自分の子供の肌質に合う日焼け止めを探してみてくださいね。