子供の日焼け止めは必要か?、赤ちゃんだった頃に疑問におもい子供の日焼け止めは必要かどうかについて調べてみたことがあります。赤ちゃんはともかく、日焼け止めは必要ということが分かりました。

外遊びをする年齢になった子供の日焼け止めは必要です。必ず日焼け止めを塗ってからの外遊びを心がけましょう。

外遊びをする子供の日焼け止めクリームは必要です

紫外線対策として日焼け止めクリームを塗ることは大切ですが、それは外遊びをする子供には必要ということです。室内で1日過ごす日には塗っていません(陽ざしがガンガン差し込むような部屋は別です)。

外遊びをする子供の日焼け止めクリームは必要だということが分かってから、1歳をすぎて外遊びするようになった子供に日焼け止めクリームを塗るようになりました。

保育園に行く子供に日焼け止めクリームはいつ塗る?

認可保育園に1歳から通うようになりました、ここの保育園は虫除けスプレーは持参で先生が塗ることになっています。ところが日焼け止めクリームついては、保育園側から言われたことがありませんでした。

うちの子供は0歳から無認可保育園、1歳からは0歳からの保活が成功して認可保育園へ行くようになりました。晴れた天気の良い日は午前中はまいにち外遊びをするので、家を出る前に塗ってあげていました。

幼稚園児や保育園に通う子供には、外遊びがある日は家を出る前に日焼け止めクリームを塗ってあげましょう。クリームタイプが苦手なら日焼け止めミストも今はあるので、どちらがいいか子供に選ばせるの楽しいですよ

赤ちゃんの日焼け止めは必要?

なぜ赤ちゃんの日焼け止めは状況に応じるので、赤ちゃんは必ずしも日焼け止めが必要ということにならないかんじです。

たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんは外遊びひとりでしないですからね、歩けないので屋根のついたベビーカーでお散歩程度ですから。そのような理由から1歳未満の赤ちゃんの場合は「状況に応じて赤ちゃんは日焼け止めが必要」というかんじです。

ただ、赤ちゃんのうちから使える日焼け止めはあるので、1日中外で過ごすときなどは赤ちゃんでも日焼け止めをつけた方が良いということになりますよね。状況に応じてというかんじです。

肌あれ乾燥肌の子供に日焼け止めは必要?

肌あれと乾燥肌の子供にも日焼け止めは必要です、肌にやさしい日焼け止めや自分の肌質に合う日焼け止めを選ぶといいですよ。

わたしは子供には1歳のころはベビー赤ちゃん用の日焼け止めクリームを、2歳からは子供用の日焼け止めや日焼け止めミストを塗っていました(日焼け止めミストは子供の希望です)。

うちの子供の場合は冬生まれです、本格的に外遊びをするようになったのは1歳すぎの春でした。1歳を過ぎており赤ちゃんの肌荒れ(乳児湿疹なども含めて)もだいぶおちていたので、わたしは肌にやさしいベビー赤ちゃんも使える子供用の日焼け止めを塗っていました。

なぜ赤ちゃんや子供のうちから日焼け止めは必要なの?

皮膚科医のサイトを見て、はじめて子供の日焼け止めの必要性について納得できました。紫外線を防ぐことで将来の皮膚がん等の病気の発症リスクを軽減できます。

赤ちゃんのうちから、強い日焼けをしすぎないように注意してあげることは、生涯健康で過ごすために、とても大切なことです。

①オーストラリアでは今では子供は日焼け止めを塗ったりしないと外に出て遊んではいけない『no hat, no play』を学校でも教えられます。

②オーストラリアやニュージーランドでは学校で外で遊ぶ場合には必ず日焼け止めや長袖、帽子の着用を勧められます。

肌荒れ乾燥肌の子供には肌にやさしい日焼け止めを塗りましょう

1歳児 日焼け止め 敏感肌
赤ちゃんや子供におすすめの日焼け止めは、肌にやさしいものです。肌荒れ乾燥肌の子供にも日焼け止めは必要です、肌にやさしい日焼け止めを使いましょう。わたしは子供が1歳の頃は調剤薬局でも売られているものや皮膚科医院のサイトでも売られている、肌にやさしい日焼け止めを使っていました。

・ノンケミカル
・敏感肌用
・赤ちゃんでも使える
・無香料・無着色
・アルコール、パラペン(防腐剤)無添加
・アレルルギーテスト済、敏感肌用バッチテスト済

上記にこだわって、赤ちゃんや子供用の日焼け止めを探しました。

他に気になったことは。オーガニックの日焼け止めでも自分の肌に合わないのであれば逆に肌が荒れる人がいることや、SPFも高いほうが日焼け止めの効果が持続しますが肌に負担がかかる成分が入ることもあるということです。

いま使っている日焼け止めは赤ちゃん用なので子供にも安心して使える日焼け止め用クリームですし、敏感肌の大人にも肌にやさしい成分の日焼け止めなのでおすすめです。

日焼け止めは子供でも外遊びをするときは必要なので、忘れずに塗りましょう。